FC2ブログ
腐が混合された徒然日記。復活(27受)、BL、二次の世界、KAITO兄さんにどっぷりと浸かってます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
冬コミイベレポ 大阪冬の陣 
 早朝5時起床の6時からインテまでサトさんと行って参りました!


 というわけで、冬コミレポです!



 前夜の仕事の関係上、ほぼ何のリサーチもせず行くことに。
 サトさんと駅で待ち合わせの上、電車に乗っている間に朝ごはんを少々。
 去年の冬コミは、あじゃりしか食べてなくて結局3時ごろにまともな御飯にありつけたことから今年はどうなるんだろうねぇ~と言い合いながら乗り換え数回してインテ着きました。
 今回初めてキャリーを会場に持ち込みましたが、やっぱり会場内のことを考えると不都合が生じるだろうなぁと思いましてコインロッカーに預けました。
 東京はパンフは購入自由らしいですが大阪はパンフ購入絶対なのに今年は色々あってパンフを事前購入できなかったために会場内でサトさんと一緒に行きたいサークルさんチェックしていました。
 パンフ開けて、2号館は私の興味はなく3号館も興味なかったのですが、サトさんといえば、


万里:「(ジャンル別リストに)ガンダム00と一緒に忍たまあるじゃんか!よかったねサトさん!」
サト:「おおおおぉぉ!かつてないほどのページがぁぁ!」

ととても喜んでいらっしゃいました。
 どうもNHKさんが本気をあの番組でもおだしになったようで今、かなりブームが来ているようです。
 4号館と5号館、6号館全フロアが私の興味内でしたが、今少し興味ないものは誘惑にかられないようにする~と念じながら、サトさんとまったく興味が異なるために数時間後に待ち合わせということになりました。
 開場10時半にもかかわらず入れたのは11時ごろでしたが、きっと早い方だと思います。到着が前回の冬と比べて30分早く、7時半だったので。しかし、先頭の人って何時に行けば1番ゲットできるんでしょうか?!



 さて会場に入って、もうこのためだけに来たのよというサークルさん方を攻め、今回もゲットできました。ムクツナ、ヒバツナ、初代ツナ、リボツナ、虹ツナ、一部珍しく獄ツナとか。100冊近くの本のうち、85%ぐらいがこれに占められています。
 あとは、快新サークルさんの新刊とかギアスでシュナルルとか、サスナル、百四、前回の期間限定通販忘れてしまっていた苦い思い出のある塚リョの新刊、ボカロですかね。本当は、夏目も欲しかったのですがちょっと行く時間が遅かったので買えませんでした。
 今回の新刊で引き換え新刊本がありまして、朝5時からネット見ながらよくわからんと叫びつつ、本倒して以前の本持って行ったり、浅田様の新刊出るって読んだのにどこで委託されているかわからなくて会場内で確認したりとつくづく前もって確認すべきだなぁと思いました。
 ほとんど好きな作家さんとかジャンルしか行かないのですが、今回も新規開拓?してしまいました。ボカロ・・・いや、兄さんを不純な目では見ていないですよ。けど、BLになっちゃってた!主兄と弟兄だよ・・・




 待ち合わせしていた場所から雑貨コーナーに行きましたけど、そこで買った簪がその日の一番の高額買い物でした。清水の舞台から飛び降りて5000円也。
 
 サト:「一万円の服買うのに躊躇するのにどうして一万円の本はあっさり買えるのかなぁ~」
 万里:「・・・ごめんなさい・・・うん、自分がどこに視点というか物欲を向けているかだと思うよ。」
 サト:「世の中不景気なのにここは違うよねぇ。ここも左右されるのかなぁ?」
 万里:「社会人の人とかそうかもねぇ。学生は変わらなさそうだけど。」
 サト:「ホント凄い。一体いくら動いているんだろう。」
 万里:「一体何人来ているんだろう・・・」

 帰宅時間が丁度閉場時間と重なってしまいものすごい人だかりでした。駅に着くまでに並んだことってなかったんですが・・・




 この後、冬のインテを攻めるなら、大阪城も攻めるべと大阪城にも行ってきました。
 実は、金曜日にサトさんに

 「(前略)冬コミならぬ冬の陣に行くならば、せっかくだし大阪冬の陣もいこっか?」

と自分から言っていたのにサトさんに当日言われて思い出しました。
 そういうわけで私たちは、まさに大阪冬の陣、2度城攻めに行きました。
 大阪城って城なんですが天守閣自体3代目で、エレベーター付いてます。けれどせっかくだしということで閉館時間1時間前に着いたのにもかかわらず自力で8階まで行って城攻めクリアしました。
 この日、キャリーじゃなかったら絶対私、自力で城攻めしていないと思います。
 帰り道に食事して、電車乗っていたら、5927の袋を持っていらっしゃる方にお会いして、

 「いくつになっても私たちあの会場にいけるのかなぁ」

とお互い思っていたことは秘密だったり・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 華月記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。